これからのテレビは壁掛けが基本

大きな地震によって、テレビが倒れて壊してしまったお客様の相談が増えました。

テレビの買い替えも大きな出費ですが、一番ガッカリされているのは、フローリングに残った大きな傷です。

テレビを壁に掛けたり、キュビオスに壁掛け仕様にするには、壁掛け金具が必要になります。
意外に壁掛け金具が高価だったりします。
テレビメーカーの物は特に高価です。

あと、あまり知られていないのが、角度が付く壁掛け金具です。
角度が付けられるので、後から配線が楽に出来るものと勘違いしてるお客様が多いですが、角度を付けて壁掛け出来るもので、テレビを掛けた後に角度設定できる物ではありません。

壁掛け金具を購入の場合は、よく確かめた上で購入しましょう。

勿論、西原工房でも壁掛け金具を取り扱いしております。

写真の壁掛け金具はSANUS SYSTEMS、テレビを壁から外さずに、配線やケーブル類の変更が出来るタイプです。
テレビの大きさは37インチから65インチまで対応しております。
壁からの突き出しも2センチほどで、超薄型壁掛け金具です。横から配線が見えることも有りません。
お値段は、15000円程度からご用意できますので(取り付け費別途)、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website