キッチンやフローリング材など、住宅設備の商品掛け率を気にするあまり…

リフォーム工事を考えているお客様は、最初は、ショールームなどでキッチンを見て回り、
そこで工務店やリフォーム会社にご相談。
しかし、工務店やリフォーム会社には、得意とするメーカーや仕入れ先の都合もあり、
勧めてくる、キッチンメーカーも様々です。
やはり、「問題点」や「リスク」等考えたとき、何時もやり馴れたメーカーのキッチンシステムを
使う方が、良しと考えます。
でも、お客様にとっては如何でしょう?

「せっかく大きなお金をかけてリフォームするのですから、お気に入りのメーカーで施工してもらいたい。」
お客様指定のメーカーで施工しましたが、勝手がわからずプランも何も変な事に・・・
現場サイドとキッチンメーカー担当がもめてるケースも現場では良く見る風景です。(;>_<;)
勿論、「良い物なんて」出来はしません!!
ホントにお客様がかわいそうです。
そもそも、原因は「掛け率」にあるのではないでしょうか?

4月に自宅を新築いたしましたが、住宅設備に関してはHMには任せておけないので、お気に入りのキッチン、収納家具を採用いたしました。

これから、新築されるお客様のお手伝いになればと思いますので、お気軽にお気軽に、ご相談くださいませ。

写真は、多くの工務店やHMでは採用されないメーカーの一つ、TOYO KITCHENのCOREです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website